最近愛すべき蒙古タンメン以外の最寄り駅の秋津近辺の個人的なローテーションに組み込まれてきた「横浜家系らーめん春樹 新秋津店」をご紹介していきたいと思います。

0時まで営業しているので、主に飲み会後の〆に行くことが多いです。

豚骨sp

この日のオーダーは豚骨SP(890円)、麺大盛り(100円)の990円なり。

ちなみに、SPはチャーシュー2枚+玉子1個+のり5枚のお得仕様です。

ちなみに、麺は硬め、その他は普通でオーダーしました。

主にラーメンとつけ麺は家系のお店ではオーソドックスな顔ぶれかなという感じ。

サイドメニューは意外と充実してますね。

また、終日「ライス無料」という太っ腹なサービスありです。

あえて麺大盛りをやめてライスを楽しむというのもアリですね。

仕事帰りのサラリーマンは特にうれしい「紙エプロン」はもちろん完備。

ラーメンはお好みで麺の硬さ・味の濃さ・脂の量をカスタマイズできます。(家系は結構これができるお店が主流)

このお店が独特なのは、麺が極太なのでゆで上げ時間に8分かかると明示していることですね。

家系の豚骨ラーメンって感じのヴィジュアルですね。

めちゃくちゃ食欲を掻き立てられます。

まろやかでそこまで豚臭さはなくて美味!

太めのストレート麺。濃厚なスープに負けないもっちりとした麺で食べごたえあります。

チャーシューは柔らかくておいしいです。

これでライスをかっこむというのも乙ですね。

我慢できずにライス!

濃厚なスープでひたひたにした海苔を巻いて食べると、もう天国行きです(*^-^*)

体に悪いと思いつつ汁完。

美味しかったので後悔はありません。

辛つけ麺

この日のオーダーは辛つけ麺(930円)。

麺は900gまで無料なので、もちろん900gを温盛・麺硬めでオーダー。

ちなみに、900gは「山盛り」と言いますが、オーダーしてから店員さんから食べきれるかどうかの確認が入りましたので「大丈夫です!」と返しておきました。

食べきれない場合、金額覚えてないですがペナルティがある模様です。

山盛りは「超大食向き」らしいです。

私は1,200gくらいまでなら過去の経験上大丈夫です。

結構並々と盛られた麺が印象的。トッピングは別皿がスタンダードみたいです。

超極太麺は伊達じゃない!

持ち上げるのにもちょっと力いりますよ、これは。

つけ汁に投入してみると、粘度が高めなつけ汁なのでよく麺に絡みます!

しかも、ちょいピリ辛なので食が進みます。

つけ汁のお替りも無料なので気兼ねなくどっぷりと絡ませることができますね。

ちなみに1回お替りしました。

チャーシューは焙られていて、前回の豚骨SPとはまた違う食感。

香ばしさがあって良い箸休めです。

美味しく完食。さすがにライスは控えました。

食べ応えあったので、次はオーソドックスな魚介系のつけ汁を食べたいですね。

辛味噌チャーシューメン

この日のオーダーは辛味噌チャーシューメン(1,000円)。

2辛までは無料なので、2辛でオーダー。

辛味噌シリーズは期間限定みたいですね。

辛味噌チャーシューメンのビジュアルが際立って良いですね。

ちょっと写真よりも山が低めですが、チャーシューの白系の色合いとスープの赤のコントラストが良いですね。

このチャーシューが柔らかくて辛味噌のスープとマッチしてやばいです。

麺は相変わらずの太麺。辛味噌スープにも負けない存在感はさすが。

2辛の辛味噌スープ。蒙古タンメンで鍛えられた私にはあんまり辛いと感じませんが、普通の人なら「辛い」というレベル。

もちろん、辛いだけでなくコクのある味噌で美味しいです。

いやー、美味しかった。汁完です。

この日は飲み会の帰りだったのでライスは控えてました。

場所

公式ホームページ

店舗 – 横浜家系らーめん|つけ麺・らーめん春樹

さいごに

がっつり行きたいときは春樹さんのつけ麺山盛りはかなりコスパ高いのでおすすめです。

つけ麺じゃなくてもライス食べ放題だから、とにかくお腹いっぱいになりたい腹ペコな方はぜひお試しいただきたいお店ですね。

ちなみに、東京・神奈川・埼玉・千葉で店舗展開しているのでご興味があれば行ってみてください(*^-^*)

森田森田

ちなみに、私はいつもドカ食いしているわけではないので悪しからず。普段は節制しているので健康診断も問題なしです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored link