【デカ盛り】蕎麦界の二郎?ガチムチな麺とラー油たっぷりのつけ汁が美味しい「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。 池袋南口店」の肉そば大盛り(麺量520g)
森田森田

大人になるにつれ、蕎麦の良さが分かってきました。

とはいえ、「ガッツリ」と「あっさり」なら「ガッツリ」の方が好きな私。

そんな私にうってつけなのが、蕎麦の中でもガッツリ系のお店「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」(通称:なぜそば)。

このお店は「カレーは飲み物。」と同じく株式会社のみもの。が運営しているようで、特徴的な店名とコンセプトが素敵ですね。

うちたて家」でうどんを食べた後に、まだお腹に余裕があったので、久しぶりに「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。 池袋南口店」へ訪問してみました!

池袋駅東口から徒歩5分の「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。 池袋南口店」

お店は池袋駅東口から徒歩5分です。

ちなみに、私はうちたて家から向かいましたが、徒歩1分圏内にあります。

▲ラーメン二郎のような黄色と黒が基調の看板。

緊急事態宣言中につき20時までの営業でしたが、1950分くらいの入店で滑り込みセーフ!

特に並びはなく、すんなり入れました。

▲食券機で注文します。

食券を購入したら、店員さんへ渡し、案内された席で蕎麦の到着を待ちます。

「肉そば大盛り」をオーダー!

今回は肉そば大盛りを注文しました!

ちなみに、税込900です。

大盛り無料なのが嬉しくて、連食なのに大盛りにしちゃいました!

こんもりと盛りつけられた麺にオンされた大量の刻み海苔と、たっぷりのラー油が入ったつけ汁がインパクト大!

ガチムチな麺をしっかりつけ汁を絡ませてワシワシとすする!

まずは大量の海苔の下から麺をリフトします。

▲蕎麦の中では太めな麺。しっかりと水でしめられています。

水でしっかりしめられているからか、ガチムチな食感。

これをつけ麺スタイルでつけ汁へくぐらせます。

▲コクのあるつけ汁にラー油のピリ辛さでパンチがアップされています。

つけ汁にパンチがあるため、コシが強い麺に負けてないです!

ほどよくラー油のピリ辛が良いアクセントとなり、すすりながらも食欲が湧いてくるという変な感じに()

本来、蕎麦はつけ汁にさっとくぐらせるのが乙ですが、このお店ではしっかりめにつけ汁にくぐらせた方が合っているような気がしますね。

あとは、麺の合間にお肉も食べていきます。

▲甘めな味付けの牛肉。

お肉が甘めですし、食感も柔らかいので、これだけで良い味変になります。

ある程度食べ進めたら、無料の生卵をつけ汁へ投入!

▲つけ汁に投入された黄身がまるで満月のようです。

この生卵をさっと溶いた上で、麺をくぐらせて食べるとこれまた旨し!

▲生卵が麺に絡んでコクの強いつけ汁がマイルドに。

マイルドさが増して美味しい上に、時折デュルンとしたのど越しもたまりません!

完食!

だいたい9分くらいで完食!

つけ汁は蕎麦湯で割りましたが、連食のため、さすがに完飲は控えておきました。

総合評価

個人的な総合評価はこんな感じです。

ちなみに、「美味しさ」「見た目」「注文のハードル」は個人的所感で5段階をつけています。
一方、「料金」は1,000円以下を”5”、あとは1,000円単位でスコアリング、「ボリューム」は2,000g以上を"5"、あとは500g単位でスコアリングしています。

今回は主に麺のみの重量が中心なので「ボリューム」を”2”にしています。

ちなみに、大盛は茹で後の麺量が520gとのことです。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

なぜそばは蕎麦なのにガッツリ系なので、食べていてちょっと面白いです。

蕎麦なのでラーメンよりはカロリー的にも低いため、「ガッツリ食べたいけどダイエット中」という方にも良いかもですね。

ご参考になれば幸いですm(_ _)m

森田森田

つけそば以外のメニューは食べたことがないので、どんな感じか試してみたいですね。

特に、温かい麺だと、どうな味わいになるか興味深いです。

あと、大盛に対し、さらに麺大盛と肉大盛を足せるっぽいので、今度はさらにボリュームたっぷりにして味わいたいですね。

Instagramでも投稿しています!

デカ盛りグルメ系やラーメン系の投稿が多いです。よろしければフォローしてくださいね!

お店の公式HPはこちら