Sponsored link

出張でたまたま名古屋に来たので、久しぶりに「ラーメン大好き小泉さん」で紹介されていた名古屋のラーメン屋へ行ってみました!

今回は、藤一番らーめんです。

【出典】ラーメン大好き小泉さん2巻の19杯目「名古屋」

そもそもラーメン大好き小泉さんとは、美少女女子高生×ラーメンという異色の組み合わせの漫画。

普段はクールビューティーな小泉さんが、ことラーメンとなると笑顔でこれまたおいしそうに食べるのが非常に魅力的です。

深夜に読むのは絶対に控えた方がいいですね(笑)

ちなみに今回の藤一番らーめんが紹介されているのは、2巻の19杯目P.125です。

ちなみに、小泉さんが名古屋に来た理由が驚きです。

昨日の昼 都内で”台湾まぜそば”を食したのがすべての始まり-
気がついたら夜には名古屋にある”台湾ラーメン”発祥の店にいました

このラーメンへの愛情と行動力は見習いたいところですね(笑)

ちなみに、台湾ラーメン発祥のお店は「味仙」ですね。

Wikipediaに発祥の経緯が詳しく記載されています。

1970年代に、名古屋市千種区今池にある台湾料理店「味仙」(みせん)の台湾人店主である郭明優が、台南名物の担仔麺(担通麺、タンツーメン)を元に賄い料理として作ったのが起源とされる。

私は味仙なら台湾ラーメンならイタリアンが好みです(笑)

いざ、藤一番らーめんへ!

この日、本当は東京へ帰る予定でしたが、なんと東海道新幹線が人身事故によって大幅な運転見合わせに。。

諦めて1泊延長です(笑)

ここでただでは転ばない精神で、このお店に訪問することに決めました。

お店に到着したのは22時過ぎですね。

外観

亀のキャラクターがトレードマークですね!

漫画では亀が上半分が見切れてますが、確かにこのお店だとわかります。

「台湾らーめん」を実食!

今回は台湾らーめんの並盛りを注文。

ちなみに、税込み770円です。辛さ2です。

着丼

ニラとひき肉のインパクトが強いですね!

良いビジュアルです(笑)

相変わらず漫画の再現性が高いです!

スープ

醤油ベースです!

ニラやひき肉の影響でコクが増してますね!

肝心の辛さですが、蒙古タンメン中本フリークの私にとっては、正直そこまで辛くないです。

細麺ですね!

ピリ辛スープとよく絡んでくれます。

完食!

いやー、ボリュームは物足りないものの、美味しくて満足!!

さすがに最近スープの完飲までは控えました。

ごちそう様でしたm(_ _)m

場所

公式ホームページ

さいごに

名古屋メシは全般的に好きですが、台湾ラーメンも良いですね!

また名古屋への出張もあるので、時間に余裕があればスガキヤの玉子入ラーメンもチャレンジしたいところです。

皆さんも名古屋に訪れた際は、ぜひ台湾ラーメンをご賞味くださいm(_ _)m

森田森田

久しぶりの実在店巡りでしたが、今まで知らなかったお店が多いので、面白いですね!
行きたいお店はいっぱいあるので、今度は東京でも実在店巡りをしようかな。

ラーメン大好き小泉さんを読んでみたい方はこちら

▼全巻まとめ買いなら

▼アニメもあります!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.

森田貢士

会社員×エクセル専門家のパラレルワーカー。運営ブログは「Excelを制する者は人生を制す」「パラレルキャリアで生きていく。」など。著書は「すごい! 関数(秀和システム)」の他、エクセル本2冊をKindle出版(KDP)。現在は講師業やコンサル業などの独自サービスを絶賛チャレンジ中。 趣味は娘を愛でること、読書(主にビジネス書・漫画)、ラーメン食べ歩き。
Sponsored link