どーも、昨日は本気で焦ってググりまっくていた@glucosamineZです。

今回は前回記事をアップした際、なぜか更新していた記事が途中のデータしか残っていないという事態に見舞われ、夜中に一人でテンパってしまいました(^。^;)

前回記事:個人的にInstagramよりハマっている画像共有アプリ「My365」 | 3S Life Styleはてなブックマーク _%%TITLE

当ブログはWordPress(ver3.31)で更新していますが、ググってもググってもなかなか思うような記事にアクセスできなかったので本気で焦りました。
(おそらく初歩的すぎるのでしょうorz)

結局1時間半以上の時間をかけて自力で問題の解決ができたとはいえ、今後同じような事態のとき、スマートに対応するためにも備忘録を本気で残したいと思います!!

まあ、私と同じようなつまずき方をする方もレアかもしれませんが(/ω\)

あなたの編集はすべて記録されている!!

まず最初の前提として、WordPressで投稿の編集をしている際、自動で編集中に下書きを保存してくれますし、手動で下書きを保存もできます。

これらの保存した履歴はすべて記録されています!!

あくまでも初期設定を変更していない場合です。

つまり、最新の保存された記録が何らかの影響によってデータが途中で飛んでしまった場合や、大幅に記事内容を変更したけどやっぱり過去の保存した記録の方が良かったなんて場合には、過去の編集記録の中から最適なものを復元できるのです!

手塩にかけた記事が飛んだ場合、やり直すときのモチベーションなんかなくなっちゃいますからね(^。^;)

復元方法

ちょっとキャプチャした画像があんまり解像度が良くないですが、クリックすると拡大表示されますので悪しからず。

それでは順番に復元方法を見ていきましょう!

①「表示オプション」をクリック

該当の投稿記事編集画面の上段の表示オプションをクリック。

②「リビジョン」にチェック

投稿記事編集画面内に表示できる項目の一覧が出てきます。
その中のリビジョンという項目にチェックを入れましょう。

既にリビジョンにチェックがついている場合は問題ないので③以降に進みましょう。

③復元(確認)したい日時をクリック

投稿記事編集画面の下の方にスクロールしていくとリビジョンという項目で、過去に保存した内容がすべて日時の一覧で確認することができます。
復元したい内容と思われる日時をクリックしましょう。

④間違いなく復元したい内容かどうかをチェック

③でクリックした内容が単独で確認できますが、記事の文章量が多かったり、内容の変化が一目でわかりにくい場合は、比較したい日時を旧と新の2つ選んだ上でリビジョン比較をクリックしましょう。

⑤更新部分の詳細をチェック

更新された部分に色がつくので分かりやすいです。
削除・追加もそれぞれ+や-といったように更新内容に応じて確認することができるので、自分が復元したい内容をここで確定させましょう。

⑥復元する日時の「復元」をクリック

この作業で終了です。
復元をクリックした日時の内容に復元されます。

念のためプレビューで間違いがないか確認しましょう!

まとめ

今回の件で改めて次の2点が重要だと再認識しました。

  • RPGと同じでこまめなセーブ(バックアップ)が必要
  • 万が一の際の復元方法を知っておくこと

復元方法については、すべてを知っておくのは難しいとしても、どこで調べれば良いか、誰に聴けば良いかが分かっていると安心感は違いますね(・∀・)

私は今回の反省点を生かすためにも最低限の安心感は常日頃持っていられるようにして行きたいと思います!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored link