【デカ盛り】角煮風のチャーシューがホロっと美味!ジャンクでG系な「ハイカロリー学園 所沢プロペ通り店」のチャーシューまぜそば(総重量約1kg)
森田森田

近場で二郎系を新規開拓したい・・・!

ふと、そう思った時にググってみると、知らない間に所沢に二郎系の新しめなお店がオープンしているではないですか!

その名も「ハイカロリー学園」店名からしてガッツリ系な感じ。

これはリサーチしなければということで初訪問してみました!

所沢駅から徒歩2分の「ハイカロリー学園 所沢プロペ通り店」

お店は西武池袋線の所沢駅南口から徒歩2分です。

プロぺ通りの中の路地裏にあります。

昔所沢に住んでいて、毎日通っていたところなので、ちょっとエモいです。

▲奥まったところにありますが、二郎系っぽい黄色い看板。

13時くらいでしたが、すんなり入店。

▲デジタルな食券機。

店員さんに席を案内されたら、食券をカウンターの上に出します。

無料トッピングのコールは、店員さんから聞かれてからお願いしましょう。

ちなみに、このお店の無料トッピングは以下のとおり。

  • アブラ
  • ニンニク
  • タマゴ
  • マヨ

店内に張り紙があるので、二郎系初心者でもコールしやすいと思います。

上記はまぜそばの無料トッピングです。ラーメンの無料トッピングは別です。

「チャーシューまぜそば特盛」をオーダー!

今回はチャーシューまぜそば特盛を注文しました!

ちなみに、税込1,450です。

コールはアブラ・タマゴ・マヨです。

にんにくは個人的に入れたいですが、妻から怒られるのでいつも控えています・・・。

デカくて肉厚なチャーシューが3枚と、茶色の味付きアブラにオンされた黄身が映える一杯ですねー!

あとは、野菜にかつおぶし、チーズ、マヨ、刻み海苔など豊富なトッピングが豪華です。

野菜と角煮風のチャーシューを楽しんだら、麺を混ぜ合わせる!

しっかり麺を混ぜる前に、まずは野菜と角煮風のチャーシューを食べ進めます。

▲角煮風に味付けされたチャーシューはホロっとした食感。

このチャーシューが本当に美味しいです!

チャーシューまぜそばにした自分を褒めてあげたい。

このチャーシューのおかげで、あっという間に野菜を完食。

ここからが本番です。

まぜそばなので、麺をしっかりと混ぜ合わせます。

▲麺にたれ・チーズ・たまごの黄身がしっかりと絡み合う仕上がり。

あとは一心不乱に麺を楽しみます。

▲中太でストレート気味な麺。

味わいはカルボナーラをジャンク寄りにした感じで美味しいです!

終盤はブラックペッパーやマスタードなどの味変アイテムを有効活用!

ある程度麺を楽しんだら、卓上にある豊富な味変アイテムを活用してみます。

まずは、カルボナーラに相性バッチリなブラックペッパーを試します。

▲ブラックペッパーで味が引き締まります。

予想通りブラックペッパーがこれまた合う!

続いて、マスタードも試してみます。

▲黄色が映えるマスタード。

マスタードの酸味が意外に合います!

おかげさまで最後まで箸が止まりません。

完食!

だいたい15分くらいで完食!

うっすらどんぶりの底には「サンキュー」という文字が見えますね。

その上の文字はちょっと見えないですが、なんて書いてあるのでしょうか?

総合評価

個人的な総合評価はこんな感じです。

ちなみに、「美味しさ」「見た目」「注文のハードル」は個人的所感で5段階をつけています。

一方、「料金」は1,000円以下を”5”、あとは1,000円単位でスコアリング、「ボリューム」は2,000g以上を"5"、あとは500g単位でスコアリングしています。

特盛は麺量が茹で前550gらしいので、茹で後はおそらく850~950gくらいかと思うんので、トッピング込みで総重量が約1kgくらいかなと思い、「ボリューム」を”3”にしています。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

けっこう麺量もありますし、ミニも完備されているため、二郎系初心者から中上級者まで楽しめるお店ですね。

ちなみに、各種SNSをフォローした画面を店員さんに見せると「入学証」がもらえ、それを提示することで小ライスが無料になるみたいです。

私も入学しておけば良かったですね・・・。

気になった方は、ぜひ訪問してみてください。

ご参考になれば幸いですm(_ _)m

森田森田

今度はラーメンを食べてみたいですね。
あと、忘れずに入学しないとです。

ちなみに、このお店ではスピードと量の2種類のチャレンジメニューもあるので、胃袋に自信のある方はチャレンジしてみてください!

Instagramでも投稿してます!

デカ盛りグルメ系やラーメン系の投稿が多いです。よろしければフォローしてくださいね!

お店の公式SNSはこちら

入学証をもらうためにもお店の公式SNSをいずれかフォローしちゃいましょう!