【デカ盛り】【激辛】マツコも絶賛していたカップ麺の至高のアレンジをお店で味わえる!「蒙古タンメン中本秋津店」の北極ジャンボ+納豆
森田森田

セブンイレブンの蒙古タンメンのカップ麺に納豆をオンすると最高に美味しいです。

けっこう前にSNSでバズり、さらに「マツコの知らない世界」で紹介されていた蒙古タンメンのカップ麺の納豆アレンジ。

これには私もハマってたまに楽しんでいます。

そんな蒙古タンメン中本ですが、お店でもいつの間にか納豆も購入できるように!

これはお店でも納豆アレンジを楽しまねば、ということで蒙古タンメン中本へ訪問しました!

西武池袋線秋津駅から徒歩1分の「蒙古タンメン中本秋津店」

前回から1か月後くらいの訪問。

お店は西武池袋線秋津駅の南口から徒歩1分です。

改札を出て右側を見れば、すぐにお店が見えます。

この日は土曜日の18時過ぎの入店でしたが、並びもなくすんなり入れました。

▲食券機で注文します。

購入後は、店員さんに席を案内された際に食券を渡します。

あとは、店員さんへ蒙古タンメン中本のアプリを見せ、ポイントをためてもらう+使いたいクーポンを申告すると良いです。

ちなみに、クーポンは次の3種類から選べたので、サービスライスをお願いしました。

  • 麺大盛りサービス
  • ウーロン茶サービス
  • サービスライス【プチ】

「北極ジャンボ+納豆+サービスライス【プチ】」をオーダー!

今回は北極ジャンボ+納豆+サービスライス【プチ】を注文しました!

ちなみに、税込1,090です。

  • 北極ジャンボ:1,000
  • 納豆:90
  • サービスライス【プチ】:無料

500円単位で1ポイントなので、なるべく1,000円以上注文するのがマイルールです。

北極スープならではの真紅のビジュアルが素敵ですね・・・!

実は個人的にノーマルの北極を頼むことはレアですが、このシンプルな北極スープと納豆のマリアージュを楽しもうと期待に胸躍ります。

まずは、デフォの北極を楽しむ!

早速麺リフト。

▲中本ならではの中太麺。唐辛子を良い感じにまとっています。

小ぶりながら北極スープによって旨味抜群の豚ちゃん。

北極は本当に辛旨いって感じですね。

ちなみに、北極は辛さレベル9なので、中本の中でも辛い部類。(最高は一応10

最初は辛く感じたはずですが、人間慣れてくると「辛さの中に旨味あり!」と本当に思うものです。

ちなみに、もやしはオアシス的存在なので、ご利用は計画的に。

満を持して納豆アレンジ!

半分ほど食べ進めたら、念願の納豆をオンします。

納豆は有料だけあってネギもついてきてちょっぴりお得感ありますね。

▲北極スープに映える納豆。

この納豆を入れると、北極スープにとろみが出てきます。

そして、カップ麺の時と同様に、辛さもちょっと中和され、旨味がブーストされます!

キムチ納豆も美味しいですが、辛い×納豆は抜群の相性ですね・・・!

麺を食べ終えたら、〆はプチライスへ残った具材とスープをかけて雑炊風に。

▲納豆も北極スープも米に合わないわけがない。

これがまたバカ旨。

最高の〆ですね。

完食!

だいたい15分くらいで完食!

スープの完飲は控えていますが、雑炊風にしたのでけっこうスープを飲んじゃいますね。

総合評価

個人的な総合評価はこんな感じです。

ちなみに、「美味しさ」「見た目」「注文のハードル」は個人的所感で5段階をつけています。
一方、「料金」は1,000円以下を”5”、あとは1,000円単位でスコアリング、「ボリューム」は2,000g以上を"5"、あとは500g単位でスコアリングしています。

ラーメンのジャンボサイズは2.5玉分なので、茹で後が600gくらいらしいです。

具と合わせるとおそらく総重量800gくらいでしょうか。(ボリューム”2”

ちなみに、ソースはこちらのサイトです。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

中本に慣れてくると、だんだん北極も食べられるようになりますよ!

ちょっと厳しい方は、バターやチーズ、納豆のトッピングを組み合わせると辛さを中和できておすすめです。

中本初心者の方は、ぜひ次のブログ記事を参考に蒙古タンメン中本に足を運んでみてはいかがでしょうか?

ご参考になれば幸いですm(_ _)m

森田森田

中本では季節限定メニューを食べることが多いので、ノーマルの北極を食べるのは久しぶりでしたが、やはり旨いですね。

中本は個人的にはライス必須なので、ぜひ雑炊風はマネしてみてほしいです。

Instagramでも投稿してます!

デカ盛りグルメ系やラーメン系の投稿が多いです。よろしければフォローしてくださいね!

お店の公式HPはこちら