【デカ盛り】極太麺+ブリンブリン豚が特徴の二郎初心者向けな「ラーメン二郎小滝橋通り店」の大盛豚入りラーメン(総重量約1.5kg)
森田森田

一番好きな食べ物はラーメンです!その中でもラーメン二郎はトップクラスに好きなお店です。

この日は仕事終わりにガッツリと食べたい気分でした。

そんな時に心強いのが、ガッツリ系ラーメンの代名詞「ラーメン二郎」です。

今回は、私の会社から徒歩で行ける「ラーメン二郎小滝橋通り店」(通称:オタジ)に行ってみました!

西部新宿駅から徒歩5分の「ラーメン二郎小滝橋通り店」

お店は西部新宿駅から徒歩5分です。

新宿駅から行きたい場合は、西口から徒歩7分くらい。

この界隈はなかなかラーメン激戦区で、蒙古タンメン中本新宿店や麺屋武蔵、龍の家などの有名店が多いです。

▲二郎ならではの黄色い看板。

21時半くらいの入店でしたが、コロナの影響もあるのか、待ちは少なくてすんなり入れました。

▲食券機で注文します。

店員さんに席を案内されたら、食券を店員さんへ渡します。

その際に、無料トッピングをお願いすればOKです。

ちなみに、このお店の無料トッピングは以下のとおり。

  • 野菜
  • 醤油
  • 背あぶら ※「固まり」と伝えれば脂の固まりにしてもらえます
  • にんにく ※元々にんにくは入っていません

写真は撮り忘れましたが、上記のコール内容は店内に張り紙があるので、二郎初心者でもコールしやすい雰囲気ですよ!

「大盛豚入りラーメンヤサイマシマシセアブラカタマリカラメ」をオーダー!

今回は大盛豚入りラーメンを注文しました!

ちなみに、税込1,100です。

コールは「ヤサイマシマシセアブラカタマリカラメ」です。

意味としては次の内容で無料トッピングをお願いした感じですね。

  • 野菜:マシマシ(多めの中の多め)
  • 醤油:カラメ(多め)
  • 背あぶら:カタマリ(脂の固まり)
  • にんにく:なし

にんにくは個人的に入れたいですが、妻から怒られるのでいつも控えています・・・。

こんもりと盛られた野菜のタワーとそれを彩る白い脂の固まりが印象的な一杯ですね。

もうちょっと平面から見てみるとこんな感じです。

▲より野菜のタワーの高さが際立ちます。

まずはブリンブリン豚と野菜タワーを食べ進める!

さっそく麺をリフトしますが、これが相変わらずの極太麺!

▲二郎の中でも太め。まるでうどんです。

ちなみに、今回はノーマルの湯で加減ですが、注文時に「麺固め」でお願いすることもできます。

そうすると、ポキポキとした食感になるので、こちらも美味ですよ!

ちなみに、麺はまだ食べません。

▲大ぶりで脂身が多めなブリンブリン豚。

今回は豚入りなので野菜タワーに隠れて大ぶりな豚が4枚あります。

個人的に、脂身多めなのは大好きです。

▲醤油が立った非乳化スープ(今見ると微乳化って感じですね)。

元々はマイルドな感じですが、カラメにしたので醤油が立って良い塩味になりました。

ヤサイマシマシにする方はカラメもセットでお願いすると良いでしょう。(もちろん好みによりますが)

ちなみに、私は二郎系を食す際は血糖値の上昇を緩やかにするために、最初はこんもりと盛られた野菜から食べ進めるタイプ。(気休めのベジファースト)

ちなみに、このお店の野菜はもやしとキャベツが9:1といった比率で、湯で加減は標準的(シャキとクタの中間)ですね。

野菜の合間に豚も食べて、麺にたどり着く前に豚は食べ切り、野菜はある程度食べておきます。

後半に豚が残ると「死闘」になりますのでご注意ください。

天地返しで極太麺を堪能!

豚は食べ切り、野菜はある程度食べ進めたら、野菜と麺をひっくり返します。

俗に言う「天地返し」です。

こうすると、残った野菜は下側になりスープの味が染みますし、麺は上側に来るのですすりやすくなります。

▲極太麺がどんぶり一面に浮かびテンションが上がります。

天地返ししたら、あとは思うままに麺をすすります。

口いっぱいに麺を頬張るのは至福のひと時です。

▲卓上の一味唐辛子で味変。

後半は卓上の一味唐辛子で辛味を投入!

こういう味変をしておくと、ラストスパートをかけやすくなりますね!

完食!

大満足で完食!

だいたい13分くらいでした!

ちなみに、私はスープの完飲は控えています。

総合評価

個人的な総合評価はこんな感じです。

ちなみに、「美味しさ」「見た目」「注文のハードル」は個人的所感で5段階をつけています。
一方、「料金」は1,000円以下を”5”、あとは1,000円単位でスコアリング、「ボリューム」は2,000g以上を"5"、あとは500g単位でスコアリングしています。

今回の固形物のみの総重量が約1.5kgなので、「ボリューム」を”4”にしています。(スープ込みなら”5”

大盛や無料トッピングはお店のご厚意なので、自分の食べ切れる量を把握した上でチャレンジするようにしましょうね。

ちなみに、総重量のソースはこちらのサイトです。

お店の場所

さいごに

いかがでしたでしょうか?

オタジは味や量などはもちろん、混雑具合やオーダーのしやすさも含めると、二郎初心者の方でも入りやすいお店だと思います。

また、今回は頼んでいませんが、「大二郎」という好きなだけ麺増しできるオタジ独自の公式メニューもあるので、大食いの方にとってもおすすめなお店ですね。

ご参考になれば幸いですm(_ _)m

森田森田

以前、大二郎を頼んだ際は最高で3でした。(ちなみに、大盛が1.5玉)

オタジは職場から行きやすいヘビロテ店なので、胃のキャパを整えた上でまたチャレンジしたいですね。

Instagramでも投稿してます!

デカ盛りグルメ系やラーメン系の投稿が多いです。よろしければフォローしてくださいね!