【デカ盛り】担々麺専門店のG系メニューがシビカラで旨し!「175°DENO担担麺TOKYO」のタンタンメン175郎+麺大盛り+肉増し(総重量1kg超)
森田森田

私は辛党であり二郎系が好きです!

そんな私にうってつけなラーメンをたまたま仕事帰りに西武新宿方面でどこのお店に入ろうかウロウロしていたら見つけてしまいました!

それが175°DENO担担麺 TOKYOというお店の「タンタンメン175郎」という二郎インスパイア系メニュー。

このお店は担々麺専門店らしいですが、そんなお店の二郎系とは期待が高まります!

というわけで初訪問してみました!

新宿駅西口から徒歩6分の「175°DENO担担麺
TOKYO

お店は新宿駅西口から徒歩6分です。ちなみに最寄りは西武新宿駅です。(徒歩4分)

▲モノトーンな感じでおしゃれな外観。

19時半頃に到着。特に並びもなくすんなり入れました。

▲デジタルな食券機で注文します。目当ての175郎は「限定B」です。

席を案内されたら、店員さんに食券を渡します。

このお店ではこのタイミングで無料トッピングを店員さんへ伝えます。

ちなみに、このお店のコールは2系統あります。

まず、どのメニューも共通なのがカラシビレベル(シビれ、辛さ)です。

▲それぞれ0~56段階あり、0~2までは無料、それ以上は有料です。

続いて、175郎を頼んだ方は通常の二郎系店舗と同じく以下の無料トッピングをコールできます。

  • ニンニク
  • 背脂
  • 野菜

それぞれマシマシまで可能です。

「タンタンメン175+麺大盛り+肉増し」をオーダー!

今回はタンタンメン175+麺大盛り+肉増しを注文しました!

ちなみに、税込1,300です。

  • タンタンメン175郎:1,000
  • 麺大盛り:150
  • 肉増し:150

コールは「シビれ2、辛さ2、ヤサイマシマシアブラマシマシ」です。

パッと見は盛りの良い二郎系な一杯ですが、野菜の上に降り注ぐ花椒と赤いスープが印象的ですね!

横から見ると、野菜タワーはなかなかな標高です。

▲心なし味付きアブラの重さで山が傾いているように見えます()

シビれを感じながらのベジファースト!

まずはお決まりのベジファースト!

味付きアブラとセットで野菜を食べていきますが、もれなく花椒もついています。

▲標準的な茹で具合の野菜。

味付きアブラもあって旨味・塩味があるのに加え、花椒のシビれも感じられて美味しいです。

シビカラ好きにはたまりませんね。

続いて豚。

▲ホロっと食感の豚。

けっこうホロホロで美味しいです。

こちらも花椒がちょっとまぶされているので、ほんのりスパイシーさも感じられますね。

そしてスープ。

▲真紅の坦々スープ。

これが粘度高めでゴマの旨みも感じられる旨辛スープでした!

野菜を坦々スープにディップして食べるのも美味しいですね。

豚やスープをローテーションに挟むと、ベジファーストがめちゃ捗ります!

坦々スープが絡んだムチ感強めな麺をすする!

ある程度食べ進めたら、ようやく麺とご対面です!

麺をリフトしてみるとややずしりとくるムチ感強めな中太麺。

▲やや縮れ気味で加水率高めな中太麺。

あとはしっかりと麺を底からひっくり返します。

俗に言う「天地返し」ですね。

▲天地返しすると坦々スープの赤さが際立ちます。

あとは、麺をデフォルトで楽しみます。

口に入れると、ムチっと食感でコシが強く、坦々スープに負けない麺ですね。

感覚的にはラーメン大の麺に似ているかなと思いました。

ガッツリ系な坦々麺はありですね!

けっこうデフォルトのままでもすいすい食べれてしまいます。

一応、終盤に卓上の自家製辣油を入れてみます。

▲黒っぽい色の辣油。

辛さというよりもコクや旨味が増した気がします!(張り紙に書いてある通りですがw)

これで完食までラストスパートです。

完食!

だいたい18分くらいで完食!

ちなみに、私はスープの完飲は控えています。

総合評価

個人的な総合評価はこんな感じです。

ちなみに、「美味しさ」「見た目」「注文のハードル」は個人的所感で5段階をつけています。
一方、「料金」は1,000円以下を”5”、あとは1,000円単位でスコアリング、「ボリューム」は2,000g以上を"5"、あとは500g単位でスコアリングしています。

麺量は大盛りで茹で前400g(茹で後はおそらく600~650g程度)、それに加えて野菜がマシマシで豚も増しているのでスープ抜きで総重量1kg超かと思われるので、ボリュームは”3”にしています。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

担々麺と二郎系の良いとこ取りをした一杯でしたね!

辛さやシビれが苦手な方は、それぞれなしにすることもできるので、担々麺と二郎系が好きな方はお試しください。

ご参考になれば幸いですm(_ _)m

森田森田

通常メニューの担々麺の方も非常に気になりますねー。

汁なしや黒ごまのものがあったり、メニューの種類も豊富なので、いろいろ試したいですが、ライスは必須でしょうね()

会社帰りに行きやすいので、ちょくちょくお世話になろうと思います。

ご自宅で175°DENO担担麺 TOKYOを楽しみたい方は

175°DENO担担麺は店舗でテイクアウト可能です。

なお、店舗まで訪問しなくとも175°DENO担担麺はウーバーイーツ対応なので、エリア内に店舗がある方はウーバーイーツで注文可能です。(以下バナーからウーバーイーツのサイトへジャンプします)

【a】Uber Eats  フード注文

Uber Eats 2回目以降の注文

また、宅麺という通販サイトでお取り寄せも可能です。(以下バナーから宅麺のサイトへジャンプします)



Instagramでも投稿してます!

デカ盛りグルメ系やラーメン系の投稿が多いです。よろしければフォローしてくださいね!

お店のHPはこちら!