【デカ盛り】昔ながらの中華そば系なつけ汁にツルツルな細麺がベストマッチ!「竹屋 新秋津店」のつけ麺特大盛(醤油&細麺)(総重量約1.5kg)
森田森田

基本的にはガッツリ系が好きですが、たまにあっさり系も恋しくなります。

急遽日曜日に夕飯を一人飯になったので、近場で済ませようと何を食べようかと思案した結果、前から食べてみたかった「竹屋 新秋津店」のつけ麺の細麺を試してみることに!

というわけで、今年2回目の訪問です。(1回目は濃厚ごま味噌

JR新秋津駅から徒歩2分の「竹屋 新秋津店」

お店はJR武蔵野線の新秋津駅から徒歩2分です。

新秋津駅の改札を出たら、左側に見えるかぶら屋という居酒屋を左折するとお店があります。

▲裏路地っぽい場所にお店があります。2階のお店とのギャップがえぐいです()

▲食券機で注文します。お店の外にあります。

18時半過ぎの入店でしたが、並びもなくすんなり入れました。

入店したら店員さんへ食券を渡すと、スープの味(醤油・塩・味噌・濃厚ごま味噌)麺の太さ(太麺・細麺)を聞かれますので、お好みのものを伝えましょう。

「つけ麺特大盛(醤油&細麺)」をオーダー!

今回はつけ麺特大盛を醤油で注文しました!(麺は細麺&あつもり)

ちなみに、税込1,050です。

昔ながらの中華そば的なつけ汁と、こんもり盛られた細麺がインパクト大!

前回とまったくビジュアルが違うのが面白いです。

ちょいやわでツルツルな麺があっさり系つけ汁に合う!

まず、つけ汁は魚介も入っているもの、節感はそこまで強くなくあっさり系。

▲「醤油が立つ」というよりダシ感あってまろやかな味わいのつけ汁。

続いて、細麺をリフト。

▲ツルツルしているのは太麺同様ですが、ちょっとやわめな食感。

基本的に太麺派ですが、細麺もツルツルしていて美味しいですね。

この麺をつけ汁へダイブさせます。

細麺があっさりまろやかなつけ汁と絡んで美味!

麺も大量すぎて、麺同士が引っ付いている部分もあるので、つけ汁でほぐしてあげると良い感じにすすれますね。

チャーシューは薄目にスライスされていてホロっと食感。

▲薄いですが、大きめなチャーシュー。

あとは合間に海苔などを活用しつつ麺をすすっていきます。

後半はホワイトペッパーをつけ汁へ投入して味変。

▲醤油の味変はコショウが合います。

程よくしょっぱくして食欲を回復させてラストスパート!

完食!

だいたい17分くらいで完食!

あっさり系ですが、けっこう腹パンです()

総合評価

個人的な総合評価はこんな感じです。

ちなみに、「美味しさ」「見た目」「注文のハードル」は個人的所感で5段階をつけています。
一方、「料金」は1,000円以下を”5”、あとは1,000円単位でスコアリング、「ボリューム」は2,000g以上を"5"、あとは500g単位でスコアリングしています。

茹で前950gですが、だいたい茹で後は1.6倍くらいになるため、総重量は約1.5kgです。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

竹屋の麺は美味しいですが、細麺も美味しかったですねー!

あっさり系のつけ麺が食べたい方や、たっぷりとつけ麺を食べたい方にはおすすめなお店ですね。

ご参考になれば幸いですm(_ _)m

森田森田

こうなると、つけ汁を全種類制覇してみたいですね。

ちなみに、残りは塩・味噌です。

あとは、らあめんや油そばも気になりますね。

Instagramでも投稿してます!

デカ盛りグルメ系やラーメン系の投稿が多いです。よろしければフォローしてくださいね!