【デカ盛り】お腹一杯ジャンクな麺を頬張りたい方にうってつけ!「高木のぶぅ」の油そば大盛り500g(総重量想定2kg弱)
森田森田

近所の二郎系は需要しかない!

近所にあって、良くお世話になるのが二郎インスパイアの「高木のぶぅ」です。

先日はラーメンを食べたので、別メニューを食べに訪問しました!

新秋津駅から徒歩1分の「高木のぶぅ」

お店はJR新秋津駅から徒歩1分、西武池袋線秋津駅からだと8分くらいです。

▲看板は小さめですが、二郎系ラーメンの写真が目立つ店構え。

19時半過ぎの入店でしたが、並びもなくすんなり入れました。

▲食券機で注文します。

購入後は、席に着くタイミングでカウンターに食券を置きます。

ラーメンの場合は、希望の麺量を店員さんに聞かれますので答えましょう。
(ラーメン:200g or 300g、大盛り:400g or 500g

あとは、店員さんに無料トッピングを聞かれたら希望を伝えましょう。

ちなみに、このお店の無料トッピングは以下のとおり。

  • 野菜

野菜は少なめでもやし1袋分(約200g)です。マシは3倍(約600g)、マシマシは4倍(800g)なので、食べ切れる量をお願いしましょう。

にんにくやカラメといったものは卓上にあるのでお好みで追加できます。

なお、食券機にない有料トッピングもあるので、希望の場合は店員さんへ現金を渡し、希望メニューを伝えましょう。

▲トッピングの詳細は席に掲示されています。

「油そば大盛り500g野菜マシ油マシマシ」をオーダー!

今回は油そば大盛り500gを注文しました!

ちなみに、税込780と破格の安さ。

コールは「野菜マシ油マシマシ」です。

相変わらずの圧倒的な野菜の盛りにビビりますが、ちゃんと見ると油そばだと分かります()

野菜タワーを横から見てみるとこんな感じです。

▲タワーのところどころに油がふりかかっています。山頂には海苔がオンされています。

麺を味わう前にベジファースト!

まずは麺を混ぜるためにも大量の野菜タワーをベジファーストしていきます。

▲シャキめな湯で加減なもやし。

油が濃いめの味付けなので、非常に野菜が進みます!

油そばは2種類の豚があるので、合間に食べていきましょう。

▲細切れな豚。ちょっと味濃いめ。

▲ラーメンと同じタイプの豚。二郎系の中では薄い部類。

やはり肉を頬張ってからだと、野菜も捗りますね。

もし、油も豚もが足りない場合は卓上のカラメをかけて食べると良いでしょう。

麺をガッツリ混ぜてからズバズバすする!

ある程度食べ進めたら、ようやく麺とご対面です!

▲平打ち気味な中太麺。

あとは麺全体をちゃんとタレに絡めるために、しっかりと混ぜ合わせます。

▲麺にタレが絡んでいます。油分で麺がテカテカに。

ようやく準備万端!

まずは麺をデフォルトで楽しみます。

濃いめの麺が絡んでいて美味しいです!

ある程度味わったら、卓上のショウガを投入。

▲ショウガで清涼感アップ。

ショウガはけっこう好きです。

強烈な味変になるので、食欲が復活します。

ショウガの効力が切れたタイミングで今度は一味唐辛子で辛さブースト!

▲粒が粗めなタイプの一味唐辛子。

辛さで食欲増進!

あとは完食にむけてラストスパートです!

完食!

だいたい19分くらいで完食!

腹パンですね。

総合評価

個人的な総合評価はこんな感じです。

ちなみに、「美味しさ」「見た目」「注文のハードル」は個人的所感で5段階をつけています。
一方、「料金」は1,000円以下を”5”、あとは1,000円単位でスコアリング、「ボリューム」は2,000g以上を"5"、あとは500g単位でスコアリングしています。

ラーメン大盛り500g野菜マシマシでスープ込みの総重量が約2.5kgみたいです。

今回はそこから、スープ分として約300~400g、もやし1袋200gを引いて固形物のみの総重量を約1.9~2.0kgと想定し、「ボリューム」を”4”にしています。

ちなみに、ソースはこちらのサイトです。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

油そばはラーメンよりも100円安いので、さらにコスパが高いですね。

このお店は比較的ライトな味付けなので、麺量もいろいろ選択できるため二郎系初心者にもやさしめなお店だと思います。

ご参考になれば幸いですm(_ _)m

森田森田

今度はブタメシか汁なし肉まぜそばを久しぶりに食べたいですね。

秋津近辺に来た方はぜひ食べてみてください。

Instagramでも投稿してます!

デカ盛りグルメ系やラーメン系の投稿が多いです。よろしければフォローしてくださいね!

お店の公式HPはこちら